肥満体型の仔は注意が必要|肝臓病からペットを守る術

愛するペットとの別れの時

ネコ

手厚い供養は最後の愛情

大切な家族であるペットの死。ペットロスで悲しみから抜け出せない人も多くいらっしゃいます。「しっかりと見送る事が出来た」という思いは、僅かでもペットロスからあなたを救ってくれるはずです。亡くなったペットの為にも見送る家族の為にも手厚い「ペット供養」は重要なのです。 かつては「自宅の庭に埋葬する」というスタイルも多かったペット供養ですが、近年はペット専用の霊園で火葬を行い、ペット霊園にお墓を作ったり納骨堂で供養して貰うスタイルが一般的と言えます。 人間の葬儀に関してもそうですが、ペットが亡くなった時に慌てて霊園探しをする人も多いでしょう。中には環境の良くない霊園もありますから、本来なら事前に安心して任せる事が出来る施設を探しておくのがベストと言えます。 霊園によっては春・秋と法要を行ってくれたり、納骨堂のお供えの花をきらす事無く飾ってくれる契約がある霊園など、手厚いサービスを行ってくれます。供養するだけでなく、利用者と積極的に交流するイベントなどを行う霊園は良い霊園と言えるでしょう。ペットが元気なうちから「もしも」の時に備え、実際に見学して「暗い雰囲気はないか」「館内は整理整頓されているか」「お墓は手入れされているか」などをチェエクしておきましょう。 ペット供養には、個別のお墓や納骨堂以外にも、他のペットと一緒に供養される合祀墓などもあります。数年間は納骨堂で供養し、その後合祀墓に移すという人も多いようです。 また、一時も離れたくないという人には「手元供養」がおすすめです。遺骨をペンダントなどのアクセサリーに加工し、肌身離さず身に付ける手元供養。愛する家族だからこそ、いつも一緒にいたいですね。 大切な家族の為の「ペット供養」だからこそ、事前の備えが大切です。