肥満体型の仔は注意が必要|肝臓病からペットを守る術

良い仔犬の選び方

チワワを選ぶ場合は、体のバランスに注目をします。極端に体のバランスが悪いチワワは、後に病気に罹患する可能性があるのが問題です。病気のリスクを避けるためにも、体型は選ぶ際に必ず見ておきたい点に挙げられます。

愛するペットとの別れの時

突然訪れる大切な家族との別れ、愛するペットは大切な家族の一員です。近年はペット専用の霊園や斎場があります。中にはモラルに欠ける霊園もあるので、いざという時の為に信頼出来る霊園を探しておきましょう。 ペット供養は飼い主がペットにしてあげられる最後の愛の形です。

ペットとのお別れのために

愛するペットが最後を迎えたなら、大切な家族としてちゃんと供養してあげることが基本です。それゆえに最近は人間同様に葬儀やペット火葬、遺骨の供養なども実施するケースが増えており、各自治体で受け付けていたり、専用の業者なども存在しています。

脂肪肝を防いでいく

子供と女性

中性脂肪が過剰にたまる

ペットの肝臓病で、肝臓内に中性脂肪が過剰に蓄積すると脂肪肝になります。この病気は猫に起こりやすく、著しい肝内胆汁うっ滞と肝不全を引き起こいします。急性の場合には、ペットの死亡率が高くなる病気です。原因としては肝臓への脂肪沈着と肝臓からの脂肪動員の不均衡によって発症します。このような状態は、ペットは食欲不振や食欲廃絶によって急性または慢性の栄養不足状態となった猫に起こりやすく、特に、ペット肥満の猫に多く見られますが、詳細な肝臓病の原因は分かっていません。この肝臓病の病気の症状としては、抗うつや元気消失、体重の減少などが挙げられます。他にも、黄疸間欠熱嘔吐や下痢、肝臓の腫脹なども見られます。病状が進行すると肝不全や肝性脳症を起こすこともあります。診断の方法としては血液検査やX線検査、超音波検査があります。猫の肝臓病で見られる脂肪肝では、血液検査でビリルブンとアルカリ性ホスファターゼの上昇が特徴的に見られます。また、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ活性、空腹時血中アンモニアなどの濃度が上昇します。X線検査では、肝臓の腫大が見られ、超音波検査では、肝臓全体がびまん性高エコーになります。確定の診断には肝性検査が必要ですが、肝細針吸引と呼ばれる簡易検査でも確定することができることがあります。治療としては、積極的な栄養補給が必要となります。食欲が回復するまでは胃チューブや咽頭チューブ、経鼻カテーテルなどによって強制的に栄養と水分を与えます。